安心の治療を

長期間の治療

うつ病の治療は、長期間続くことがほとんどです。そのため、治療費用も積み重なって高額になってしまいます。また、うつ病になると働くのも難しくなるので、経済的に苦しくなってしまいます。ただ、現在では新しい治療法も誕生しています。

詳細を読む

薬の変化

現在使用されているうつ病の治療薬は、副作用が少なく、セロトニンに的を絞ったSSRIという物が使われています。その他にも、ノルアドレナリンやドーパミンに作用する新しい治療薬も開発されています。

詳細を読む

焦らないことが大切

うつ病を早く治したいからといって、薬を大量に飲むのは危険です。抗うつ薬を服用することで、症状をある程度抑えることができますが、だるさや吐き気などの副作用があるので注意が必要です。

詳細を読む

費用や治療法

うつ病治療に関する平均的な費用について見てみる

 『うつ病』は、現在では珍しい病気ではなくなってきており、職場においても、あるいは知り合いなどにも病気を発症しているケースを見ている事が多くなっています。万一うつ病と診断された場合には、暫く専門的な治療を実施する必要があります。健康的な精神状態、からだの状態に戻していくためにも、適切な治療が必要になります。  うつ病治療に関する平均的な費用については、症状に対するそれぞれの処方によって違いが生じます。服用薬で改善を試みる事は一般的な方法ですが、1ヶ月を目安にしたとして、1万円位の費用で済む場合もあります。しかし、栄養状態も悪くなっている様な場合には、からだへの栄養補給を行う必要などもあります。場合によっては点滴が必要になるケースもあり、入院が必要なケースでは、更に費用としても金額が大きくなっていく事になります。

様々な角度から特徴について探る

 うつ病治療の特徴としては、一般的には症状に応じたお薬を処方される事が多くなります。薬物療法としては、抗うつ剤として、脳内のセロトニン分泌を助ける役割を果たすお薬が処方されます。他にも、薬物療法が確立される以前からある療法として、電気ショックを与えるなどの方法もあります。唯、この療法については、体への衝撃なども強い場合がありますので、医師による的確な診断のもとに実施される事になる治療方法です。  また、うつ病の治療方法として、現在では心理療法なども注目される様になっています。専門的なカウンセリングを受けて、日常的な考え方や行動原理を変えていく療法になります。アメリカでは療法が確立されており、最近では日本でも実施される治療方法の一つにもなっています。

うつ病は治療を工夫することで症状を軽減することができる

誰しも悲しいことや嫌なことがあると憂鬱で気分が落ち込んでしまいます。この落ち込んだうつ状態が数週間も続き、時には原因がはっきりとしないのに落ち込み日常生活に支障をきたしてしまうとうつ病である可能性が高いです。うつ病は早期に発見し治療を受けることにより症状を治したり、軽減させることができます。うつ病に限らず精神疾患の治療ではまず薬物療法が用いられます。うつ病の場合にはノルアドレナリンやセロトニンが欠乏することによりうつ状態が続いているとされているので、薬物療法により減少している物質の分泌を促します。効果があり多くの患者さんに用いられている治療法ではありますが、薬物を使うことで症状を改善させることができるのは7割程度とされています。残りの方は薬物治療を続けていても改善されることは少ないので、治療を工夫する必要があります。うつ病の治療法には薬物以外にも認知療法や精神療法があります。薬物に固執するのではなく、これらの治療法を組み合わせる工夫を行うことで改善できる可能性があります。

最新の磁気刺激療法とは

うつ病は基本的に薬物療法と認知療法や精神療法を組み合わせた治療法が取られています。しかしこれらの治療法とはまったく違う新しい治療法を取り入れている医療機関もあります。どのようなものかといいますと磁気刺激療法といわれるものです。脳の特定部位に磁気を充てることにより脳血流をよくするものです。しばしばうつは心の病であると捉えられがちですが、医療の現場では脳の病気であると捉えられています。ストレスや遺伝などの要因が脳の神経伝達物質のバランスを崩し、血流量を低下させてしまいます。そのことによりノルアドレナリンやセロトニンが減少しうつ状態が長く続いてしまいます。そこで直接脳に働きかけ血流量を増やし、バランスを正常な状態に整えていきます。副作用が少なく症状を改善させることができる最新の方法です。

うつ病治療の最新トレンド

うつ病の治療は現在薬物療法を中心に、生活の見直しや精神療法・認知行動療法を組み合わせたもしくはそれぞれを単独で行うような形となっています。多くの人は薬物療法により改善することができ通常の生活を送ることができるようになるのですが、薬物の中には副作用をもたらすものもあります。多くは眠気や口渇、便秘、吐き気などでそれほど重いものではないですが、重い症状が出てしまう人もおり薬物に対する拒否反応を示してしまうことがあります。できるだけ副作用がでずに患者さんが治療を継続していくことができる治療法として最新のトレンドが、磁気刺激治療というものがあります。うつ病は脳の血流量の低下などが原因で必要な物質が上手に分泌されないためにおこるとされています。そこで脳を直接刺激し血流量を増加させ分泌を促す治療法が磁気刺激治療です。副作用が少なく、薬が効かないという人にも効果をしめします。

大切なこと

うつ病の治療には、ラポールが重要です。ラポールとは、医師と患者が信頼し合ってコミュニケーションができる状態のことです。また、休養、環境調整、薬物利用、精神療法も大切です。

詳細を読む

考え方を変える

うつ病の原因は様々ありますが、考え方もその1つです。しかし、捉え方を変えれば、考え方を変えることでうつ病の治療に繋がるのです。ネガティブな考えを、ポジティブにすることで、治療を進めていくことができるのです。

詳細を読む